’17/3/11歌舞伎「牛若丸」

2017.02.04 UP

%e7%89%9b%e8%8b%a5%e4%b8%b8top

創作歌舞伎「牛若丸」-併演「歌舞伎の楽しさ」-(前進座)
2017年3月11日(土)開演15:00(開場14:30)上演時間約115分(休憩含む)
会場:国立文楽劇場
(最寄駅:地下鉄千日前線・堺筋線「日本橋」/近鉄奈良線「近鉄日本橋」7 番出口より徒歩1 分)
参加費(全席指定/4才以上必要/当日500円増)
   会員:会費のみ
   一般:大人3,800円/子ども・学生(大学生まで)3,000円
当日券あります!
当日券の受付は14:00スタート

後援:大阪府・大阪市・大阪府教育委員会・大阪市教育委員会・尼崎市教育委員会・門真市教育委員会・堺市教育委員会・寝屋川市教育委員会・守口市教育委員会
朝日新聞社・産経新聞社・日本経済新聞社大阪本社・毎日新聞社・読売新聞社
認定:公益社団法人企業メセナ協議会助成認定活動
   関西元気文化圏参加事業

「雪月花」の三幕で携成された舞台には、衣裳・舞台装置など色鮮やかな世界が広がります。そして、女形、舞踊、立廻りと、歌舞伎の魅力がたっぷり!花道を使った本格歌舞伎。出演者による解説があり、幼児から楽しめます。

あらすじ(三幕)
いまから八百年ほど昔。世の中は源家と平家に別れて争っていました。源義朝の妻、常盤御前はわが子牛若丸を連れて逃げているところを、捕えられてしまいます。しかし、平宗清は、情けをかけて母子を逃してやるのでした。(伏見の里 雪の場)
何年か後、京の都で謎の美少年が夜毎五条橋に現われ、早業で人の刀を奪い取るとの噂が流れます。実はこの少年こそ、牛若丸。噂を聞きつけた、武蔵坊弁慶は、懲らしめるために牛若丸に斬りかかりますが、降参し、二人は主従となります。(五条橋 月の場)
その後も、鞍馬山で剣術の稽古に励んでいた牛若丸は、大天狗僧正坊から、平家に打ち勝つための兵法書の一巻を与えられます。牛若丸は、その一巻を手に弁慶を伴い、勇躍して陸奥へと旅立つのでした。(鞍馬山 花の場)

%e7%89%9b%e8%8b%a5%e4%b8%b8%e4%bb%a5%e5%89%8d%e5%b8%b8%e7%a3%90%e5%be%a1%e5%89%8d%e4%bb%a5%e5%89%8d%e7%89%9b%e8%8b%a5%e4%b8%b8%e3%80%80%e4%ba%94%e6%9d%a1%e6%a9%8b2 写真:以前の舞台より
%e7%89%9b%e8%8b%a5%e4%b8%b8%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e8%a1%a8%e9%9d%a2 印刷用はこちらをクリック→ 印刷用チラシ

<申込方法>
メール又はファックスにてお申し込み下さい。(「牛若丸」・ 参加される方全員の氏名・お子さんの年齢・住所・TEL を記入) センターからの返信により、申し込み可能かご確認下さい。申込送信後3 日以内に返信がない場合は不着の可能性があります。お手数ですがお電話下さい。
*4才未満のお子さんのご入場はできません。障がいをお持ちの方のご参加の場合は事前にご相談下さい。
*参加費の入金後のキャンセルによる返金はできません。
お問合せフォームから申し込めます←こちらをクリック

~カンパのお願い~
参加費をおさえ、一人でも多くの子ども達に参加してもらえるよう、公演にかかる経費の一部として、寄付金のご協力をお願いいたします。是非ご一緒にこの取り組みを広げていただきますようお願いいたします。
*企業メセナ協議会の「助成認定制度」をご利用の場合、寄付税制優遇が受けられます。
申込方法について
個人の場合  /  企業・団体の場合
税制上の優遇措置について